学校法人 聖フランシスコ学園 天使幼稚園
トップページ教育方針幼稚園紹介幼稚園の生活未就園児地域交流募集情報
1日の生活
8:00  希望者のための早朝保育(無料)を行っています
9:00 登園
モンテッソーリ活動
朝のお祈り
各年齢別の活動
自由遊び
12:00 お弁当
自由遊び
13:00 降園準備
14:00 降園
18:00まで 希望者のための延長保育(30分~200円:定員1日25名)を行っています
月曜日放課後:希望者の英語教室(年長・年中児対象)
火曜日放課後:希望者の体操教室:チア教室(年長・年中児対象、年少児は3学期~)
年間行事
*2021年度の行事計画はコロナウイルスの収束状況を見て計画いたします。

1学期 4月 始業式
入園式
5月 マリア祭
母の日の集い
春の遠足(親子)
6月 父の日の集い
7月 お泊り保育(年長)
夏休み預かり保育
夏休み
8月
夏休み預かり保育
自由登園夏期保育
夕涼み会
2学期 9月
10月 運動会
秋の遠足(シーパラダイス:年中・年少)
おいもほり遠足(年長)
11月 勤労訪問
12月 クリスマス会
冬休み預かり保育
3学期 1月
2月 新入園児体験入園
3月 修了式
卒園式
春休み預かり保育

天使幼稚園の日々の様子を、
ブログを通してお届けしています。
youtube
天使幼稚園のYouTubeです。
こちらからご覧ください。

ブログトップ 2021幼稚園 2021エンジェル ガブリエル会 お知らせ


  <2016年度> <2017年度>  <2018年度> <2019年度> <2020年度>
<2021年度>6月号
みこころの月
2021年5月25日
 カトリック教会では、6月を「みこころの月」と呼び、イエスさまの“みこころ”を通して神さまの愛を思い起こし、イエスさまの限りない愛のしるしである“みこころ”を称えてきました。

 5月にも紹介した園のことばは、「イエスさまのように」というフレーズから始まります。

    イエスさまのように かみさまに したがう よいこども
      マリアさまに ならって やさしい こころ
       いつも なかよく あかるい こども
     きれいな はなを てんしの そので さかせましょう

 イエスさまのように 神さまに従うためにはどうすれば良いのでしょうか?その大切なヒントは聖書の中に記されています。

「先生、律法の中で、どの掟が最も重要でしょうか。」イエスは言われた。「『心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』これが最も重要な第一の掟である。第二も、これと同じように重要である。『隣人を自分のように愛しなさい。』律法全体と預言者は、この二つの掟に基づいている。」(マタイによる福音書22章36~40)

また別の個所には次のように書かれています。

あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい(ヨハネによる福音書13章34)

 最も大切な掟は、神さまを愛しなさいというものでした。しかし、それはただ「神さま大好き」ということに留まらず。神さまが望まれるように生きることが求められているのです。そして、それと同じように隣人を愛することが大切だと教えてくださいました。さらに、それを人々に求めるだけではなく、イエスさまご自身が「わたしがあなたがたを愛したように」と、お手本を示してくださいました。

 イエスさまは、特に罪びとや、小さな人、弱い人を大切にされました。

 徴税人のザアカイは、ローマ政府の力をかさにきて税金を過剰にむしり取り私腹を肥やす、ユダヤ人にとっては裏切り者で、決して許せない人でした。しかし、イエスさまは、そのザアカイの家に泊まるとおっしゃったのです。当然、人々は「おい、あの人は、罪深い男のところに泊まろうとしているぞ。」とつぶやきあいました。しかし、イエスさまとふれあうことができたザアカイは「イエスさま、私はこれから財産の半分を貧しい人々に分け与えます。また、誰かからだまし取った分のお金は、4倍にして返します。」と改心したのです。「今日、救いがこの家に訪れた。人の子は、失われたものを捜して救うために来たのである。」(ルカによる福音書19章1~10)

 また次のようなたとえ話をしてくださいました。

「ある人が羊を百匹持っていて、その一匹が迷い出たとすれば。九十九匹を山に残しておいて、迷い出た一匹を捜しに行かないだろうか。はっきり言っておくが、もし、それを見つけたら、迷わずにいた九十九匹より、その一匹のことを喜ぶだろう。そのように、これらの小さな者が一人でも滅びることは、あなたの天の父の御心ではない。」(マタイによる福音書 18章10~14)

 このように、イエスさまのように神さまに従うためには、身近にいる人に心を配り、本当の意味での隣人となることが求められています。

 フランシスコ教皇様が昨年の6月、みこころについて次のようなお話をされたそうです。

「イエスの人間的であると共に神的なる聖心は、わたしたちがいつでもそこから神のいつくしみ、赦し、優しさを汲み取ることができる源泉なのです。(中略)わたしが祖母から習った古い祈りがあります。『イエスよ。わたしの心を、あなたの聖心に似たものにしてください』これは美しい祈りです。この美しく小さな祈りを、この6月に唱えましょう。」と。
                        (園長 鬼木 昌之)
<2021年度>5月号
5月は聖母月
2021年4月26日
 5月といえば端午の節句、こどもの日、こいのぼりや武者人形。ゴールデンウイークに立夏(今年は5月5日)。さらに八十八夜に茶摘みや田植え。また、躑躅(つつじ)や藤そして薔薇(ばら)、最近はあまり見かけなくなったけれど蓮華草(れんげそう)等の花々が美しい姿を見せてくれます。気温の変化が激しい春の終わりから、気持ちが良い初夏の陽気に変わっていくのがこの5月です。

 5月の清々(すがすが)しい晴れの日は「五月(さつき)晴れ」。もともとは旧暦の5月(新暦の6月頃)の梅雨の合間の晴れの日を「五月晴れ」と言っていましたが、最近では新暦の5月の気持ちが良い晴れの日も「五月晴れ」と呼ばれるようになりました。

 カトリック教会では、この5月を「聖母月」と呼び、マリアさまの優しさや神さまにしたがう従順な心を思い起こしたり、感謝の祈りを捧げたりする月になっています。その起源として、ヨーロッパでも多くの花が咲き乱れ新緑が美しい5月は、マリアさまに捧げる良い月ということから「聖母月」となったという説や、「メイ・クイーン」を選ぶ習慣から「その中でも最も美しいのはマリアさま」ということで5月が「聖母月」になったという説などがあるそうです。

 子どもたちは毎日、朝の祈りの後、園のことばを唱えています。

 イエスさまのように かみさまに したがう よいこども
      マリアさまに ならって やさしい こころ
       いつも なかよく あかるい こども
     きれいな はなを てんしの そので さかせましょう(天使幼稚園 園のことば)

 明るく元気いっぱい幼稚園生活を楽しみながら、善い行いができるようにイエスさまのことば(=神さまの願い)を思い起こし、優しいマリアさまのように、自分もみんなに優しくできる人になろうという幼稚園のめあてを繰り返し確かめています。

 家族という小さな社会から、同じ年代の友だちや先生と一緒に過ごす大きな社会の中に飛び込んだ子どもたち。自分の思い通りにはできない時があることや、自分と異なる思いを持っている人がいること、さらに共に過ごす小さい子を助けてあげたいという気持ちが沸き上がること等、人とのつながりの中で多くのことを学びながら成長していきます。

 新年度がスタートして1ヶ月。新しいクラスにも慣れ、そろそろ自己主張も強く出るようになっていきます。こうして迎える聖母月。小さな子どもたちだけれど、何でも「自分・自分」ではなく、「マリアさまに ならって やさしい こころ」を意識し、周りの人にも心を配りながら過ごしてほしいと願っています。

 新型コロナウイルスの感染拡大のため、また緊急事態宣言が出されました。不自由な生活のためストレスがたまり、物を壊したり誰かを攻撃したりというニュースも数多く耳にします。こんな時こそ、子どもたちと同じように「マリアさまに ならって やさしい こころ」を胸に刻み、周りの人への思いやりの心を持ちながら過ごしていきたいものですね。
                          (園長 鬼木 昌之)
<2021年度>4月号
チャレンジ
~新しい時代の新しい教育~
2021年4月12日

  みなさん、入園・進級おめでとうございます。

 初めての幼稚園生活が始まる年少さんだけでなく、新しいクラスで、新しい友だち、新しい先生と出会った年中さんや年長さんも、わくわくドキドキしながら新年度を迎えたことでしょう。これから共に過ごす日々、友だちや先生と一緒に、楽しく幼稚園生活を送りながら、一人ひとり、神さまから与えられた力を伸ばしていきましょう。

 コロナウイルスの影響で人々の暮らしが大きく変化した昨年度でしたが、コロナウイルスの感染拡大がなければ2020年度は「教育改革の年」という話題がもっと大きくクローズアップされるはずでした。

 情報通信技術の発達や、グローバル化の影響で、これからの時代は「今までの経験が役に立たない時代」になろうとしています。

「子どもたちの65%は将来、今は存在していない職業に就く」(キャシー・デビッドソン)
「今後10年~20年程度で、半数近くの仕事が自動化される可能性が高い」(マイケル・オズボーン)

そのような時代を生きる子どもたちの力を育むために、新しい小学校の学習指導要領が2020年度から実施されました。(中学校は2021年度・高等学校は2022年度から)そこでは「知識の量」から「知識の質」への変換を図るべく、プログラミングやアクティブラーニング、英語教育などが導入され、子どもたちの学び方が大きく変わることになり、そこに多くの関心が注がれるはずでした。

 このような変化は、子どもたちが大人になる、今から少し先の時代のことと思われていましたが、コロナウイルスの感染拡大により、見通しがたたない社会が一気に訪れました。その結果「正解のない社会」への対応が、未来を生きる子どもたちだけではなく、現代を生きるわたしたちにも求められることになりました。

 天使幼稚園でも、感染予防を図りつつ、「わくドキサマーDay(年長:お泊り保育)」や「エンジョイスポーツDay(運動会)」「クリスマスのおくりもの(クリスマス会)」など、子どもたちの成長に欠かせない様々な行事を、形を変えながら実施してきました。コロナウイルス終息の見通しがたたない今年度も、同じように知恵と工夫とで乗り越えなくてはならない日が続いていきます。

 これらのことを踏まえつつ、今年度は「チャレンジ~~新しい時代の新しい教育~」を天使幼稚園の目標として掲げました。「今まで通りにできない」のではなく、新しい時代に必要な力を育てるためには「何ができるか」と発想を変え、「新しい時代に向けた新しい教育」を生み出すことができるようチャレンジしてまいります。さらに、未来を生きる子どもたちに必要な力の土台を育むために、
  ① 自己肯定感を高めること
  ② 自ら学ぶ意欲を養うこと
  ③ アクティブラーニングにつながる友だちとの協力やコミュニケーション能力を養うこと
  ④ 思いやりの心を育てること
この4つに焦点を当て、保育内容を充実させていきたいと考えています。大きく変わりゆく時代の中、常に先を見通し、その根底にある「ねらい」を確かめつつ歩んでまいります。

 今年度もご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。
                   (園長 鬼木 昌之)
  <2016年度> <2017年度>  <2018年度> <2019年度> <2020年度>
天使幼稚園(東京都)
〒146-0085
東京都大田区久が原4-3-23
TEL 03-3751-2502
FAX 03-3751-4092
トップページ
教育方針
幼稚園紹介
幼稚園の生活
未就園児
地域交流
募集情報
 トップページ | 教育方針 | 幼稚園紹介 | 幼稚園の生活 | 未就園児 | 地域交流 | 募集情報 |
Copyright(c) 天使幼稚園 All Rights Reserved.